関節痛には薬だけではないんです

sawabe, 12 3月 2014, No comments
Categories: 未分類

関節というのは体の色々な場所にあります。

首、肩、ひじ、手首、指の関節、腰、股関節、膝、足首などがありますが、どれも日常生活する上で欠かせない部位ですよね。

大切な関節ですが、動かすたびに痛みを感じているような状況になったとしたらどうでしょうか。
かなり不便ですし、実際かなりの不都合も生じてきてしまうと思います。
毎日の事ですし、頻繁に動かす場所でもありますから、できるだけ円滑に動くようにしておきたいところですよね。

実際、関節痛に悩まれている方は整形外科などで処方してもらったステロイド剤などを服用されていらっしゃる方が多いと思います。
シップなどもありますが、張っている間は痛みをあまり感じないですんでも、なかなかきれいになくなってくれない痛みに、「一体いつまで病院通いしなくてはいけないんだろう・・・」と感じていらっしゃる方も少なくはないのでは、と思います。

そんな辛い思いを日々感じていらっしゃる方にこそ、是非知って頂きたいものがあります。
それが「UC2:非変性Ⅱ型コラーゲン」という成分です。

これはこれまで関節によいとされていたグルコサミン、コンドロイチンといった成分を同時に摂取したのと同じ効果を、それらの2倍もの速さで体感できる、という夢のような成分なんだそうで、アメリカのハーバード大学で研究した結果発見されたものなのだそうです。

すでに日本国内においても、この「非変性Ⅱ型コラーゲン:UC2」を含んだサプリメントも販売されていますので、是非、気になる方にはチェックしてみていただきたいと思います。

関節痛 薬
関節 コラーゲン

UC2は日本メディカルがお勧め

sawabe, 28 1月 2014, No comments
Categories: 未分類

日本メディカルのUC2はコラーゲンの中でもこれが一番効く、と評判の非変性2型コラーゲンを配合したサプリメントです。コラーゲンとして関節痛やリウマチの痛みにも効きます。他には肌の悩みにも効くことで女性も愛用者が多く、やはり30代から40代の方はとくにお肌の曲がり角ということでお勧めのサプリです。

UC2はお肌のたるみ、髪の毛、爪などの老化、血管や骨、歯ぐきなどにもよい成分であり、これを1日に2粒程度飲むだけで十分な量を摂取できます。これまで骨の悩みを持つ方によく使用されてきたのがグルコサミンやコンドロイチンなどですが、これらは量もかなり必要だったものが、UC2であれば飲む量についても心配はご無用、効き目ももちろん高いレベルにあります。またコラーゲンといえば鶏の軟骨などによく含まれていますが、無味無臭で飲めるというのも魅力です。

非変性2型コラーゲンはこちらの製品がお勧め→ UC2 日本メディカル

若い方でもこのUC2を使用している人が増えているようです。例えば中学生でも、部活動で膝を酷使しすぎて激しく痛む、などの場合はもちろん、スポーツで膝を怪我するといえば、サッカー選手にも取り入れている方が増えているそうです。

コラーゲンといえばお肌がプルプルになる、というのが一般的ですが、実際はグルコサミン、コンドロイチンの代わりとして、もちろんそれ以上に効き目があるものとして人気の商品です。コラーゲンは軟骨の成分でもあることで摂取すれば変形性膝関節症の緩和にも効果があります。

関節痛を撃退するコラーゲンとは→ 非変性Ⅱ型コラーゲン

品質の高さはお墨付きです→ 日本メディカル

リウマチの治療法とは?

sawabe, 24 11月 2013, No comments
Categories: 未分類

約70%。
リウマチにかかっている患者さんのうち、女性が占める割合です。男性よりも女性に多いと言われるこの症状は、どのような治療法があるのでしょうか。

 

そもそもリウマチとはどのような病気なのでしょうか。これは手や膝に起こる症状のことで、自己免疫疾患の一つです。関節に多く見られますが、症状としては関節が炎症を起こしており、軟骨や骨が破壊されることによって、変形してしまいます。また腫れたり、痛みが生ることも。対象の部位を動かさなくても痛みを感じてしまうことが、この病気の特徴です。

 

原因は体内にある免疫が自分自身の組織を攻撃することによって起こります。免疫は本来、体外から入ってきたウイルスなどを攻撃する役割があるのですが、異常をきたすと、誤って自分自身を攻撃してしまうのです。リウマチはこれの一つであると言われています。

 

治療法としては、痛みや腫れをなくす方法や、膝の組織破壊の進行を抑える方法などがあります。関節の軟骨の一成分に非変性Ⅱ型コラーゲンというものがありますが、それを含んだサプリメントを摂取することで、軟骨の組織を作り出すことが出来ると言われています。

 

あまりにも症状が進んでいる場合は、病院に診てもらうことが一番でしょう。中でもリウマチの専門医に診てもらうことが最適です。かかりつけ医としてリウマチ専門のお医者さんがいなければ、紹介してもらうといいでしょう。病院によってリウマチを診れるかどうかも異なるので、事前に電話などで確認することをおすすめします。

 

リウマチ 治療

Hello world!

sawabe, 13 11月 2013, 1 comment
Categories: 未分類

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

rss

Categories

Links